借地権を相続する時

相続権付きの土地を扱うためには契約内容をはじめとして、土地の使い方について知らなくてはなりません。
単純に貸すだけ貸してしまい、その後貸し主の好きなようにポンポンと契約を変えることができるわけではありません。
また借地権付きの土地を売りたいといった場合であっても、貸主そして借主側で双方での話し合いをしなくてはならないといった決まりになっています。
これまでは夫婦の共有財産として扱ってきた借地権付きの土地をどうするかについてや、遺産相続問題でどうすれば良いのかについても意識するようにしましょう。

例えば、遺産相続で、それまで借りていたの土地を相続する場合には民法896条に従い、相続人は相続開始の時から被相続人の財産に属した一切の権利義務を了継すると言った内容がありますので、この通りに相続人が借地権付きの土地を相続することになっています。
これは貸主としても借主としても同じ扱いになりますが、相続人がこの土地を継承したことで借主の場合には契約書を変更するための手続きをしてほしいと貸主側から言われることがあります。

貸主側からこうした申し出があった場合には借り主として即座に対応しなければなりません。
ただし、契約者が変わったことによって契約そのものが解除されることはなく、契約期間が満期を迎えるまでは土地そのものの扱いについて、現状のままというのが基本になっています。
また相続人が継承したことによって特に変更手続き料などは必要ありませんので、万が一貸主側から請求された際には支払う必要はないことを借主として主張した方が良いでしょう。